お客さま本位の保険業務運営方針

時代は移り変わろうとも、社会活動全般において、弊社がお取り扱いさせていただいております

「自動車」は、便利さや喜び、楽しみと同時に「安全で快適」な移動時間を世の中にご提供できる必要不可欠なものであると考えます。

弊社は「お客さまの満足を第一に考える」精神を基に、”お客さまが、1kmでも先へ、安心・快適にお出かけいただけるサービス・手段を提供し続ける"ことを

自動車の販売・整備だけでなく、お客さまのお出かけを取り巻くすべての環境においてできることはないか、たゆまなく考え、行動してまいります。

社会の一員として、近年の台風災害や地震、複雑化する対人・対物事故、そして生活のあらゆる環境において自動車保険・損害保険の募集を通じ

以下の項目に引き続き、取り組んでまいります。

 

 

方針1.お客さまの利益を第一に考えたご提案

保険は、加入さえしていればよいものではないという原点を忘れず、有事の際の使い方をご提案し

お伝えすることで、お客さまの利益を最大限に考えた募集に努めてまいります。

 

■方針1のために、下記目標に向けて活動してまいります

【車両保険付帯率】

昨今の異常気象にともなう、台風・水害・雪害の状況を目の当たりにし、お持ちのお車を失ったり・大きな被害を被られた方々の課題を一つでも

解決するために、車両保険の付帯を丁寧にご提案してまいります。

 

目標:75%を目安に取り組みます

●2019年度実績 69.4%  

●2020年度実績 69.5% 

 

【車両新価特約 付帯率】

目標:25%を目安に取り組みます

●2020年度実績 20.3%

 

【長期分割契約比率】

目標:85%を目安に取り組みます

●2019年度実績 82.8%

●2020年度実績 84.8%

方針2.お客さまに最適、を第一に考えたご契約説明の実践

ご契約の前、後を問わず、お客さまへのご説明においては、電子ツールやパンフレット、もしもの時の事例などを通じて

ご提案する保険がお客さまにとって最適なプランになるよう、取り組んでまいります。

保険は、有効期限がある商品 かつ 常にお客さまをお守りできる状態に保全していくことが責務と考えます。

また、ご契約者さま、被保険者さまの「今」と「これから」の状況も合わせてお伺いすることで、ご自身と大切な方々のためになるご契約内容を考えてまいります。

 

■方針2のために、下記目標に向けて活動いたします

【ご契約手続き早期のご案内と継続手続きの完了】

ご継続にあたり、各種ご検討に十分なお時間が取れますよう、また、情報の吟味が

できますよう、契約満期月の前、早期からのご継続案内を行います。

 

目標:満期2か月前手続き完了 50%以上 / 満期1か月前手続き完了 80%以上

●2019年度実績 満期2か月前 37.4% 満期1か月前 74.8%

●2020年度実績 満期2か月前 39.9% 満期1か月前 76.0%

方針3.時代の要請に合わせた学びの継続と情報提供

自然環境だけでなく、この数年激変する、自動車に乗る方々すべての生活環境・事件に合わせ、お客さまが自動車に乗られている間も

そうでない時もお役に立てる自分たちでありたいと願い、日々、人々を取り巻く状況に興味を持ち、学び、お客さまへの情報提供をしてまいります。

 

■方針3のために、下記目標に向けて活動してまいります

【個人賠償特約のご推奨】

昨今、法整備が急速に進む自転車による加害事故に対する補償をはじめ、お客さまが生活の中で見舞われる可能性のある有事に対策として

個人賠償特約のご説明とご案内に努めてまいります。

【弁護士費用特約のご推奨】

複雑化する補償制度や事故発生後の対応において、お客さまだけでの対応とならぬよう、弁護士費用特約のご説明とご案内に努めてまいります。

方針4.利益相反の防止

お客さまにとって損失にならぬよう、ご提案する補償が既にご加入の他保険契約と重複する可能性がある場合は、他契約の有無を確認した上で、

お客さまのご意向を確認しながら最適なプランを提案するよう努めます。

他の保険代理店、共済などからの切り替えにあたりましては、有利な部分のみでなく不利益となる部分も説明をいたします。

また、ご解約のお申し出を頂いた場合、契約変更のご希望があられた場合、失念を防ぐためにも変更解約管理簿をつけ、これを基に管理してまいります。

方針5.よりよい品質に向けた活動

ご契約者さまからいただいたアンケートは定期的に社内共有をするとともに、わかりやすい説明や環境にあった適切なご提案をし続けていけるよう、行動して参ります。